酒類販売事業
Liquor sales business
酒類販売事業
  • HOME
  • 酒類販売事業

酒類販売事業

一般的に飲食店の原価率は30%が目安だと言われます。利益を出すために原価を最低限まで抑えたいというのは飲食店オーナー様であれば誰しもが思うはずです。飲食店の経費を考える指標の1つに「FLコスト」というものがあります。

原価をフードコスト(FOOD)、人件費をレイバーコスト(LABOR)といい、この2つを合わせて経費を考えます。目標とするのは55~60%と言われています。

弊社では、この「FLコスト」の中のフードコスト(FOOD)にあたる酒類の仕入れコストの見直しを飲食店様へ行なっております。酒類の仕入れコストが下がればその分、人件費、またはその他の食材に経費を還元することができます。

毎月仕入れる商品はそのままで確実に酒類の仕入れコストを下げますので、お見積もりのご相談はお気軽にお問い合わせくださいませ。